フリーターの研究

フリーターという言葉、一般的になったといってもいいでしょうが、ここではフリーターを再度定義してみようと思います。

メニュー| フリーターとは | フリーターと無職との違い | フリーターとニートとの違い | フリーターの語源 | フリーターの変遷 | フリーターの増加の要因 |

フリーターとは

フリーターとは

フリーターとは、日本で正社員以外の就労形態(アルバイトやパートタイマーなど)で生計を立てている人を指す言葉。フリーアルバイターとも言われるが、本項では一般的な呼称である「フリーター」を使用する。

フリーターの定義

当初、この言葉には明確な定義は存在せず、雇用形態がアルバイトであることや、若者であることなどが、大まかなイメージとしてあるにすぎないものであった。

その後、1991年(平成3年)厚生労働省が実態調査のために以下のような定義が設けられた。

年齢15歳から34歳で、在学していない者(女性については、加えて未婚の者)のうち、以下の条件を満たす者と定義している。

現在就業している者については、勤め先における呼称が「アルバイト・パート」である雇用者現在無業の者については、家事も通学もしておらず「アルバイト・パート」の仕事を希望する者他に、平成15年版 国民生活白書(内閣府)では「15〜34 歳の若年(ただし、学生と主婦を除く)のうち、パート・アルバイト(派遣等を含む)及び働く意志のある無職の人」と定義している。

wikipedia article history license GDFL

[PR]トクーニート派遣ニートプラセンタ